『シャン ド フルール(Champ De Fleurs)』

L'Artisan Parfumeur Champ De Fleurs ラルチザンパフューム(L’Artisan Parfumeur)

たなたろです。ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur) の香水『シャン ド フルール(Champ De Fleurs)』を肌に乗せて試香した口コミ・感想レビューです。甘いフローラルながら、コロンなので夏香水ですね。

『シャン ド フルール(Champ De Fleurs)』の香り

ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur) 『シャン ド フルール』はラルチザン パフュームのオーデコロン(EDC)シリーズの一つ。甘いフローラルですが、コロンなのですっきりとしており、香り立ちも強くはなく、構造もシンプル。夏香水ですね。

トップはグレープフルーツがほのかに混じる程度。シトラス感はほとんどありません。

すぐにミドルのスズラン、ジャスミンのホワイトフローラルに変わります。フローラルブーケ、と言えるほどそこまで花束ではなく、強くもなく。すっきりとしたやや生花寄りのスズランとジャスミンです。

ラストはとてもほのかなスズランに、アンバー、ムスク、ホワイトシダーが少し顔を見せる程度。シングルノートに近いです。

全体通して『シャン ド フルール』はスズラン1本と言ってもいいかも。だから女性が向いてます。私は男性ですが、やはりこれをつけて外出するのは抵抗がありました。ただ男性でもこれが好きなら全然ありだと思います。

『シャン ド フルール』は夏使いには心地よいでしょうね。秋冬ではこれは物足りないです。

ラルチザン パフュームはニッチフレグランスメゾンであり、基本濃いめの香りが主流ですが、こう言ったオーデコロンのライトなフローラルなどの引き出しもあるのですね。

『シャン ド フルール』は2018年発売。調香師はアン フリポ(Anne Flipo)と言うクロエなどでも活躍する女性。

コメント

タイトルとURLをコピーしました