『テプーアンエテ(The Pour Un Ete)』

L'Artisan Parfumeur The Pour Un Ete ラルチザンパフューム(L’Artisan Parfumeur)

たなたろです。ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の香水『テプーアンエテ(The Pour Un Ete)』(邦題:『ひと夏の紅茶』)を肌に乗せて試香した口コミ・感想レビューです。ラルチザン パフュームの中でも珍しいお茶系です。

『テプーアンエテ(The Pour Un Ete)』の香り

ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の香水『テプーアンエテ(The Pour Un Ete)』(邦題:『ひと夏の紅茶』)の香りはグリーンシトラスなお茶系です。

トップはミント、ベルガモット、レモンだがシトラスは抑えめ。すぐマテ茶とジャスミンが香り出します。

『テプーアンエテ』はシトラスグリーンな始まり方をするのですが、緑茶ではなく、ジャスミンティーぽさがあります

ラストはシダー、ムスクで穏やかに締め。

全体通して知性だったりエレガントさなどを感じます。

どう言うシチュエーションで付けたら良いか?

『テプーアンエテ』はオードトワレ(EDT)ではありますが、香り立ちはどちらかと言うと弱めです。お茶なので。だから夏香水として使うと良さそう。暑くて香りが揮発しやすい時期に浴びたいですね(つけ過ぎ注意)。秋冬は物足りないのではないでしょうか。

また性別、年齢は問いません。男性はもしかしたらジャスミンが苦手な方は『テプーアンエテ』は厳しいかもね。なお私は男性ですが、苦手ですので多分つける事はないでしょう…。だって軸がフローラルだもん…

調香師は著名なオリヴィア ジャコベッティ

『テプーアンエテ』はオードトワレ(EDT)で1995発売。調香師はオリヴィア ジャコベッティ(Olivia Giacobetti)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました