『アン エール ド ブルターニュ(Un Air De Bretagne)』ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)

『アン エール ド ブルターニュ(Un Air De Bretagne)』ラルチザン パフューム(L'Artisan Parfumeur) ラルチザンパフューム(L’Artisan Parfumeur)
スポンサーリンク

たなたろです。ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の香水『アン エール ド ブルターニュ(Un Air De Bretagne)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:Fragrantica

『アン エール ド ブルターニュ(Un Air De Bretagne)』の香り

少し珍しい香調かも知れません。

ベルガモットなどのシトラスから滑らかにキャロンを使用したアクアティックノートへ変わります。

根幹はこの瓜っぽさをはらむアクアティックな香調であり、そこに海藻の「わかめ」感や塩味、シダーリーフのグリーン香などがほのかに加わります。

ただのよくあるカジュアルなアクアティックに終わらず「海の」「潮風の」と言ったしょっぱさが目立つのは日本に入って来ている香水の中では珍しいかも。

ぱっと思いつくのはラボラトリオ オルファティーボ(Laboratorio Olfattivo)の『サリーナ(Salina)』が似たテイストを持った香りです。

ラストがアンバーグリスの優しい甘さで終わるのも特徴。

2017年発売。調香師はジュリエット カラグーゾグー(Juliette Karagueuzoglou)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました